松山市城南・久米・森松・砥部町の不動産情報ブログ

松山市城南石井地区・久米・森松・砥部町の土地、中古住宅、中古マンションの不動産情報ブログ

ブログ一覧

本日より弊社専任で別府町の建物付土地の売却を開始いたします。



この土地は、売主様が他の相続人様と共有で取得された物件になります。

現状は、昭和54年築の建物がありますが旧耐震基準の建物で老朽化が進んでいることから売主様負担で更地渡しでのお引き渡しになります。

場所は、アイテムえひめの近くで近隣にはスーパーセブンスター別府店、マルナカ清住店、パルティ・フジ松江などのスーパーやホームセンターコーナンなどがあり生活便利なエリアになります。

お手頃な価格の土地で建築条件はありませんので新築用地をお探しの方、ぜひご検討ください。

本日より弊社専任で別府町の建物付土地の売却を開始いたします。の関連物件

更新日時 : 2021年04月16日 | この記事へのリンク : 

本日より弊社専任で溝辺町の古家付土地の売却を開始いたします。



この物件は、昨年一度売却を行いすぐに買い手の方が見つかりましたが、残念ながら相続人さんの間での調整がつかず売却を中止した経緯のある物件です。

相続人は3人おられますが、今年に入り協議がまとまり相続登記も完了いたしましたので本日より仕切り直しの売却をいたします。

場所は湯山中学校に隣接していますが幅員約5mの東南の道路に面していますので日当たりは良好です。

現存の古家は売主様のほうで解体撤去して更地にしてのお引き渡しをいたします。

ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

本日より弊社専任で溝辺町の古家付土地の売却を開始いたします。の関連物件

更新日時 : 2021年03月28日 | この記事へのリンク : 

本日より弊社専任で伊予市双海町の売倉庫・事務所の売却を開始いたします。



この物件は、私が懇意にしているリフォーム会社の社長さんからのご紹介になります。

場所は、JR予讃線伊予上灘駅のすぐ前になり幅員約11mの県道内子双海線に面しています。

建物は、以前は理容店や麻雀屋さんをされていたようですが現在は空家になっています。

建物内には、ミニキッチン、トイレや居室などもありますが浴室設備はありません。

道の駅ふたみにも近い立地になりますので海や釣りが好きな方、別荘的なご利用にいかがでしょうか?

ご興味のある方は、間取り図面はありませんが内覧可能ですのでお問い合わせください。

本日より弊社専任で伊予市双海町の売倉庫・事務所の売却を開始いたします。の関連物件

更新日時 : 2021年03月25日 | この記事へのリンク : 

砥部町拾町の旧既存宅地および農地の一括売却が終了いたしました。

弊社専任で約3年前から売却を開始して昨年6月下旬にご契約をいただいておりました砥部町拾町の旧既存宅地および農地の残金決済・お引き渡しが本日終了いたしました。

この土地は、現在は東京にお住いをされている売主様のご実家になります。相続で取得されましたが今後砥部町には誰も帰ることはないだろうとのことで売却をされることになり弊社に売却をお任せいただきました。

土地は、旧既存宅地で建物の建築が可能な部分が約156坪、地目が畑の農地部分が約233坪の合計約390坪の広い土地でした。旧既存宅地の部分にはお問い合わせをかなりいただきましたが、その部分だけを売却するわけにもいかず農地部分も併せて購入いただける方を探さざるを得なかったためずいぶん時間がかかりました。

農地の購入には農家資格が必要になるため購入できる方は限定されてしまします。今回、ご購入いただきましたのは農家資格をお持ちのお父さんが農地部分を、旧既存宅地部分はその息子さんご夫婦が購入されました。

昨年6月下旬にご契約をいただき買主様の住宅ローンの本承認後に境界確認、道路後退のための分筆、都計法43条許可の取得、そして建物の解体工事と手続きを踏んでいき本日のお引き渡しになりました。

買主様は来月の中頃から新築住宅の着工の予定だそうです。どのような建物が建つのか私も楽しみです。

更新日時 : 2021年03月12日 | この記事へのリンク : 

弊社専任物件の南久米町の中古住宅のお引渡しが終了いたしました。


昨年8月から弊社専任で売却を開始して12月にご契約をいただいておりました南久米町の中古住宅の残金決済・お引き渡しが終了いたしました。


この物件は、京都のご実家にお母様の介護のため帰られた売主様が長年お住いをされていた住宅になります。


そして、昨日の決済では私も初めての経験でしたが、銀行では売主様、買主様それぞれが別々の部屋での決済となりました。これは、買主様の強いご要望でお仕事上緊急事態宣言の出ている地域から来られる方との接触は厳禁とのことでの対応となりました。


そのため司法書士さんが双方の部屋を行き来して書類を確認され取引は終わりましたが、売主様、買主様は直接顔を合わせることはありませんでした。


なんとも味気のない感じでしたが、少しでも早くコロナ以前に戻りたいものですね。


更新日時 : 2021年02月23日 | この記事へのリンク : 

星岡3丁目の土地の一括決済・お引渡しが終了いたしました。



弊社専任で売却中の星岡3丁目の土地に9月下旬にお問い合わせをいただきましたお客様との間で売買契約と代金決済を同時に行う一括決済が昨日あり無事お引き渡しが終了いたしました。


この土地は、現在は横浜市にお住いをされている売主様のご実家跡になりますが土地面積が約120坪ありましたので分割にて売却をさせていただきました。


買主様は、今回購入された土地に隣接する土地建物をすでに所有されている方でした。その所有されている建物が老朽化してきていることもあり将来的に今回の土地との一体利用をお考えのようでした。


売主様は朝一番の飛行機で横浜から帰省され午後の便でとんぼ返りをされましたが帰り際に「これでやっと肩の荷が下りました。ご苦労をおかけしました」といっていただいたのがとてもありがたかったです。


売主様、買主様、この度は弊社の仲介をご利用いただきまして誠にありがとうございました。



更新日時 : 2020年11月06日 | この記事へのリンク : 

住宅ローンが組めない7つの原因!!



私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?



当社にご相談をいただくことが最も多いのがこのような住宅ローンに関するご質問です。残念ながら少なからずの方がいろいろな原因により住宅ローンが組めず住宅購入をあきらめられています。

住宅ローンが組めない方には以下のような原因が考えられます。

そして、それらに対する解決策はあります。皆様方の住宅購入の参考にしてください。









1.年収が300万円以下である

住宅ローンの審査において最も重要とされるのは「年収」になります。それでは、年収300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?
いいえ、そのようなことはありません。年収が300万円以下の方でも住宅ローンを組むことのできる方法はあります。



2.自己資金がゼロか少ない

住宅ローンの審査を受けるにあたって「自己資金がゼロでは住宅ローンは組めない」、「自分は自己資金が少ないから審査は通らない」と思われている方が非常に多くおられます。しかし、自己資金がゼロ、もしくは少なくても住宅ローンを組むことのできる方法はあります。


3.車のローンやキャッシング、リボ払いなどの残債がある

車を購入される方の多くがマイカーローンなどを利用されます。その返済期間も平均で5年ほどになります。また、キャッシングやリボ払いを利用されている方も国民のおよそ1割と言われています。確かにこれらのローンの残債があると住宅ローンの審査のハードルは高くなりますが解決策はあります。


4.携帯電話の支払いやクレジットカードの返済が遅れたことがある

携帯電話や公共料金の引き落とし、クレジットカードを利用しての買い物の支払いなどにおいて残高不足などが原因で支払いが遅れたことがある場合は住宅ローンの審査が最も厳しくなります。しかし、全く解決策がないわけではありません。


5.契約社員、派遣社員の場合

現在は、「契約社員」、「派遣社員」という雇用形態も多くあり年々増加しています。このような方は住宅ローンを組むことはできないのでしょうか?いいえ、このような雇用形態の方でも住宅ローンを組む方法はあります。


6.自営業を営んでいる

残念ながら自営業の方の場合は営業年数、売り上げにかかわらず住宅ローンの審査においては厳しいことがほとんどです。中には自営業というだけでほぼ門前払いのケースもあります。しかし、自営業の方でも住宅ローンを組むことのできる方法はあります。


7.すでに住宅ローンを組んでいる

すでに住宅ローンを組んで戸建てやマンションを購入されている方が様々な理由により住み替えや買い替えをしなくてはならないことがあります。その場合、基本的には現在の住宅ローンを完済してから新たな住宅ローンを組むということになりますが、現在の住宅ローンを組んだ状態で新たな住宅ローンを組む方法があります。






以上のようなケースに当てはまる方はマイホームの購入をあきらめなくてはならないのでしょうか?

もちろん、すべてではありませんがそれぞれのケースで解決策はあります。

もし、「私に住宅ローンが組めるかな?」と思われた方はまずは弊社にご相談ください。

精一杯、皆様のマイホーム購入のお手伝いをさせていただきます。


更新日時 : 2020年10月24日 | この記事へのリンク : 

不動産購入Q&A (よくある質問)

土地、新築住宅、中古住宅、中古マンションなど、不動産の購入はとても大きな買い物で不安がつきものです。

そこでお客様からよくいただくご質問をまとめてみましたので参考にして下さい。

◆物件を探すときに

Q.駅やバス停からの徒歩時間はどのように決められているんですか?

A.一般的に直線距離で80mを徒歩1分として表示しています。

Q.建ぺい率、容積率とは何ですか?

A.建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合です。容積率は敷地面積に対する延べ床面積の割合のことをいいます。

たとえば、建ぺい率50%、容積率80%という地域の物件の場合、50坪の土地であれば1階に建築可能な建物の面積は25坪までになり、1階、2階を床面積を合計した建物の延べ床面積は40坪までということになります。

Q.建築条件付の土地とはどのような土地ですか?

A.建築条件付との記載がある土地を購入をする時にはあらかじめ指定されたハウスメーカーや工務店で建物を建てなくてはいけない土地です。ただ、売主によっては土地の坪単価を上乗せすることによって建築条件を外してくれる場合もあります。気になる土地があれば当社にご相談ください。

Q.セットバック有り、とは何ですか?

A.これは「道路後退有り」とも言われます。

建物を建築するときは、敷地が幅員4m以上の建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。ところが敷地の接している道路の幅員が4mに満たない道路の場合、原則として道路の中心線から2m下がったところまでが道路とみなされます。そのため敷地面積の一部が道路に取られることになり建築できる面積が少なくなります。ただ、実際の販売価格には道路後退後の有効面積で価格は決められています

Q.位置指定道路とはどのような道路ですか?

A.大きな土地を何区画かに区割をして販売する分譲地などの場合、一定の技術的基準に適合する幅員4m以上の道路(私道)を分譲地の中に作り、都道府県知事から位置の指定を受けた道路のことを位置指定道路といいます。建築基準法上の道路(建築基準法第42条1項5号)になり固定資産税は非課税となります。

Q.中古住宅を見に行くときに注意する点はありますか?

A.中古住宅の場合は、空家の物件だけでなく売主様が居住中の物件もあります。売主様が居住中の場合には、以下の様な点に配慮して見学してください。

●売主様の聞こえるところで物件の悪口は言わないでください。

●売主様に直接価格交渉を持ちかけないでください。

●ご近所のことやごみ出し、町内会のことなどお住まいの方でないとわからないことは直接お尋ねするとよいと思います。特にお隣にお住まいされている方の情報は皆さま気にされる点ですのでこの機会に聞かれておくとよいと思います。

Q.物件を見に行くのは週末でないとダメですか?

A.そのようなことはありません。

空家の物件であれば平日でも大丈夫です。また、売主様が居住中の物件でもご都合が会えば平日やお仕事を終えた後の時間などでの内覧は可能です。内覧のご希望がありましたらまずはお問い合わせ下さい。ただ、今から内覧できますか?というお問い合わせにはまず対応することができませんのである程度前もってご連絡をお願いします。

Q.チラシやインターネットなどに掲載されている物件はその不動産会社からしか買えないの?

A.確かに一部の物件につきましてはその不動産会社からしか購入できない物件があります。主にその会社が売主や販売代理になっている物件です。

しかし、チラシやインターネットなどに掲載されている物件のうち9割以上はどの不動産会社を通しても購入することが可能な仲介物件になります。


Q. 同じ物件がいくつもの不動産会社からネットなどに出ているのはなぜですか?

A. 不動産物件情報は、不動産業者専用の情報ネットワーク(不動産流通機構、レインズなどと言います)で共有されています。そのため、広告掲載の承諾を得たうえで複数の不動産会社が同じ物件の広告を出しているのです。弊社のHPに掲載されている物件でも他の不動産会社から購入することができます。逆に他の不動産会社から広告が出ている物件でも弊社から購入することができます。つまり、一部の物件を除いてお客様が不動産会社を選んで購入することができるのです。


Q.なかなか良い物件がありません。新しい物件情報をいち早くもらうことはできませんか?

A.もちろん可能です。

当社のホームページのマイページ会員にご登録いただくかお電話やご来店時にご希望されている条件をお聞かせいただければ気に入った物件が見つかるまで新着物件情報をお届けいたします。お届けは、メール、FAX、郵送のうちお客様のご希望方法でお届けいたします。

◆物件を購入するときに

Q.自己資金があまりありません。どのくらい自己資金は必要ですか?

A.正直、自己資金はお多いに越したことはありませんが、自己資金が少ないから購入は無理とあきらめることもありません。お客様のご年収やお勤め先などによっては100%融資も不可能ではない場合もあります。その他、方法はありますのでまずは当社に相談してみてください。

Q.住宅ローンの相談は自分たちでしないといけないんですか?

A.インターネット銀行のように本人でないとできない金融機関以外の金融機関であれば、私たち不動産会社の担当者がお客様に代わって手続きをおこないますのでご安心ください。

Q.住宅ローンを利用するときに保証人はいるんですか?

A.必要ありません。

住宅ローンを融資する金融機関は、お客様から保証料というお金をいただきグループ内の保証会社に保証をさせます。この保証料も金融機関により異なり支払方法も一括払い、分割払いがありますので有利な方を選びましょう。

Q.住宅ローンの審査って、どのような審査をするんですか?

A.審査の基準は金融機関により異なりますが、基本的には人的審査と物件審査があります。

人的審査は、お客様の勤務先や年収、ご家族構成、他の借入状況や過去の延滞等の履歴、そして健康状態の審査が主となります。物件審査は、購入しようとしている物件の担保価値などを主に審査します。

Q.最近転職をしたり、自営業者の場合でもローンは組めますか?

A.もちろん可能ですが、通常の方よりはハードルは高くなります。金融機関によって対応は異なりますのでまずはご相談ください。

Q.不動産を購入する際の諸費用とはいくら位かかるものですか?

A.土地や建物の物件価格以外に必要な費用を諸費用といいます。

主なものとしては仲介手数料、登記費用、銀行に支払う手数料、火災保険料や固定資産税の清算金などでおよそ物件価格の7%位とお考えください。ただ、購入物件や購入の仕方により変わりますのでその都度ご案内させていただきます。

更新日時 : 2020年09月18日 | この記事へのリンク : 

本日より弊社専任で森松町の中古住宅の売却を開始します!!

今年の6月上旬に弊社のホームページをご覧いただき売却査定のお申し込みをいただいておりました森松町の中古住宅の売却を本日より弊社専任で開始することになりました。

この物件は、伊予鉄バスの森松営業所に隣接し県道に面した立地になります。今年2月に賃借されていた方が退去されたのを機にご売却を決断されたとのことです。

1階部分には元店舗として利用されていたスペースがあり電気屋さんやたこ焼き屋さんなどをされていた時期もあったそうです。

建物自体の建築は相当古い時期に建てられていますので利用される際にはリフォームが必要です。また、駐車スペースはありませんが元店舗部分を改造すればスペースを確保することは可能かと思います。

現在は空家になっており弊社で鍵を管理していますので内覧を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

本日より弊社専任で森松町の中古住宅の売却を開始します!!の関連物件

更新日時 : 2020年09月01日 | この記事へのリンク : 

東温市北野田の土地の残金決済・お引渡が終了いたしました。

今年の4月にご契約をいただいておりました東温市北野田の土地の残金決済・お引き渡しが本日終了いたしました。

この土地は、フジグラン重信から徒歩4分の所にありましたので買い物など生活便利な立地の物件でした。

ただ、このエリアは市街化調整区域内になっていましたので建物の再建築をするためには都計法第43条の許可を取らなくてはいけませんでしたので通常の市街化区域内の土地に比べると時間と費用がかかりました。

その許可取得に伴い東温市や隣接地所有者様との境界確認作業、古家の解体工事などがありましたが売主様、買主様、買主様側のハウスメーカー様などのご協力で本日無事決済をすることができました。

売主様は、お住まいされている大阪から本日朝一番の飛行機で松山に帰られ決済が終わると午後一番の飛行機でとんぼ返りをされました。

お帰りの際は決済が無事に終わったということでほっとされていたのがとても印象的でした。

この度は、弊社に売却をお任せいただきまして誠にありがとうございました。



更新日時 : 2020年08月20日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年05月        >>
            1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031         

最近見た物件 (0)